夕日のトリコ

伊藤タテキの個人サイトです。

夢幻紳士回帰篇「首屋敷」

Filed under: マンガ,落描 — 伊藤タテキ at 2008/08/28 

夢幻魔実也 漫画のセルフリメイクは初めて読んだ気がする。
最初に読んだ時にはコマ割も変えてないかと思っていたけど、昔の怪奇篇版と比べてみると印象的なコマの構図がそのままでページ数は減ってる。
プロの漫画家は話の印象を変えずにページ数を減らすことができるという話は読んだことがあるし、
ネーム段階での数ページ単位でなら見たこともあるけど、1話丸々完成品で見たのは初めて。
マンガ描く人にはすごく参考になるかと。
この連載はセルフリメイクのままで続くのか、アレンジが加わってくるのかさっぱりわからない。
伊藤さんは今の絵柄で昔の話が読める、というだけでも十分に嬉しい。
昔から高橋葉介作品に関わらず、そういったことを思っていたけど、現実的じゃないよ、と考えていたので。何だか単行本が楽しみ。

今回の落描は夢幻魔実也氏。何年か前に描いたもので同人で使ったかも?でも何に使ったか忘れたのでいいかなあと。

次ページへ »