夕日のトリコ

伊藤タテキの個人サイトです。

荒木飛呂彦先生の世界ッ!!

Filed under: マンガ — 伊藤タテキ at 2007/12/11 

SBR14の話。
壊れた黄金長方形の描写もすばらしいが、表題にもなっている「勝利者への資格」が秀逸。
グッと来る。
過酷なレースの描写がちょっと少ないと感じていたけれど、きちんと挟んできた。
このエピソードの中で出てくる「イタリアンコーヒー」には幼い頃、物語で見たラム酒やラザニアに似たトキメキがある。
後日(たぶん)同じコーヒーを出す店にいって飲んできた。大人って素敵だ。

六壁坂の話。
露伴先生の表情が人間的な深みを感じさせる。相変わらずぶっ飛んでるけど。
サインの件は原作が露伴先生なので
「おっと、ここらで僕が売れっ子でファンを大切にする作家とわかるエピソードを入れておくか。」
という感じ?

荒木先生は(6部後半以降さらに)絵的にも物語的にも人間性を描くことに長けているように思うのだけど、そういったマンガとしての技術的な部分があまり評価されていないような気がして残念。

1件のコメント »

152

トラックバック by Gururiの日記 c-jp

2007年12月12日 @ 4:33 PM

[book]「とある科学の超電磁砲」買った…

「とある科学の超電磁砲」は原作読んでないが勢いで買った。禁書目録の漫画版も買った。でも原作買ってない。ごめんなさい。 とある科学の超電磁砲 1 (1) (電撃コミック (more…)

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>