Photoshopでレンダリング

Photoshopでレンダリング

Photoshop CS6 Extendedでレンダリングしたことないと思い、試してみた。

作業手順はDAZstudioでobj形式で出力してPhotoshopで3Dレイヤーとして開く。カメラやライトはPhotoshop側で調整。座標をメモしておけば大体の位置は合わせられる。でレンダリング。レンダリング設定は品質を環境設定から変えるくらい。
マテリアル設定も出来るがsssみたいな凝ったシェーダーはない。Photoshopの2D作業での連携はいろいろ出来るし、テクスチャやIBLの画像を非破壊のスマートオブジェクトとして呼び出せる。

今回の画像はそんなPhotoshopレンダリング画像。品質は出デフォルトの5でマテリアルは目と髪の反射だけ少しいじった。背景の解像度が足りてないのはIBLの自作画像が小さいせい。伊藤さん的にはこのくらい出れば問題なさそう。

オチとしてはレンダリングはあんま早くない。
今回の画像(元データは1378 x 2039pix)で50分くらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください